search

安心安全な移動体験を届ける「中古車の個人間売買プラットフォームを手がけるAncarの挑戦」

【ITの力で自動車業界が抱える様々な課題を解決したい~Ancar創業のきっかけ】
実家が車の整備工場を営んでおり、自動車業界の課題を感じたことがきっかけでした。
業界は未だにアナログで非効率的なことも多く、それ故に高齢化や後継者問題もあり、先行きに 不安を抱えています。
また、情報の非対称性が大きく、消費者が不利益を被ってしまうことも多い業界です。 そこでITの力を使って、車に関わる全ての人たちのより良いカーライフを実現したいと思い、
Ancarを設立しました。

【オフラインの提携工場とオンラインのプラットフォームを連携する苦労】
オフラインの提携工場との連携が思ったよりも難しく、事業が停滞した時期もありました。
今では一緒にチャレンジしていただける提携工場も増え、以前よりもスピーディにPDCAを回せる ようになってきました。
組織課題もありましたが、それも乗り越え、チームとしても成長しましたし、まだまだ伸びてい けると感じています。

【個人が車をグローバルレベルで気軽に売買ができ、長く安心してカーライフを送ることができるような世界を実現したい】
現在は車を売りたい人と買いたい人との間に整備工場を挟み、安全性を担保しながら個人間売買 をマッチングするプラットフォームを運営しています。
今後は売り買いだけでなく、買った後のメンテナンスサポートも継続的に行ない、そこから得ら れたデータを基に車に関わる全ての人のカーライフサイクルをより良いものにしていければと考え ています。
将来的には、個人が車をグローバルレベルで気軽に売買ができ、長く安心してカーライフを送る ことができるような世界を実現していきます。